2016年12月8日木曜日

北浜紙芝居最終決戦


告知が遅れました…
(FBだけにアップしていました。すみません)



北浜紙芝居最終決戦

〜初めてなのにもう最終?〜

2016年12月11日 日曜日
開演15:00

木戸銭2000円(*別途1オーダーお願いします)


大阪市中央区淡路町1-6-4
06-6226-0107


藤井一さんについての記事はこちら→


森元さんが朝日新聞に連載していた頃、取材をしたお相手のひとりが藤井さん…!
今年はじめに長谷川書店さんで再会したのですが、なんと藤井さんも紙芝居をする人になっていました。
藤井さんは昭和初期の街頭紙芝居(20万点あまり!)の中からチョイスしたものを演じていらっしゃるのですが、なんというか、「よーそんなん見つけてきはったなー」というものを選んでいらっしゃって。
低くて素敵な声をお持ちの藤井さんが読むと、独自の怪しい世界がまた紡ぎ出されてしまうという、大変見所のある紙芝居です。

そんな藤井さんと森元さん&たらすなさんコンビの競演(共演もあり)です。
濃密な時間を過ごしにぜひお越し下さい!

本も販売しますし、チュー星人Tシャツも持って行きますー!






2016年11月5日土曜日

今週末の本の催し


「森元暢之作品集」1巻も2巻も置いていただいています。




ならまちドニチブックスは古民家の中でお茶を飲みながら本を手に取ってゆっくりできる、週末だけの本屋さんです。
いろんな本屋さんが出品されており、多種多様な本が集まっています。


各種イベントも合わせて楽しめます。

この11月、12月の予定は以下の通りです。


 11月05日(土)06日(日)10:00〜18:00
 12月03日(土)04日(日)10:00〜18:00



奈良の町はすぐに真っ暗になってしまうのですが、その暗い町並みを月を見ながら駅まで歩いて帰るのもまた味わい深いですね。


2巻、先行販売しております〜
ぜひお越し下さいませ。




先週末の本の催し

先週末、高円寺で催された「本とアートの産直市」。




お天気にも恵まれ、無事終了しました!
来て下さったお客様ありがとうございました。
主催サイドの皆様、周りの出店者様(各々面白い本を出してらっしゃる出版社の方々…!お会い出来て、本当に感激でした)にもお世話になりました。

気になっていたあの本や、あの本を手にすることができました…!!
この本は、こんな方々が作っていたのか、と、作り手の顔が見えるのも、まさに産直市。
すばらしいイベントでした。

トンボ返りでしたが、濃い二日間でした。



隣のブースの遊学社さん。
安全ピンを貸してくださってありがとうございます。

そして、我々ブースには太郎次郎社さん、アリエスブックスさんが。
いろいろ、印刷のことやら流通のことやら参考になるお話が聞けて、とっても、とっても勉強になりました!!


    …行って良かったです…!!



二日目は寄るところがあって会場入りが少し遅かったのですが、我々が来る前に、入れ違いで大阪府泉佐野市からゆるキャラが来ていたそうです。(どうして?)

ゆるキャラという割には、
「額に犬と書いてあった」

「筋肉モリモリで強そうだった」

との情報が。


そして、会場にいた誰もがイズミサノ市を知らず、アウェイ感を漂わせていらしたそうですが、「大阪から来た版元さんがあるよ」と教えてあげたところ、とても喜んで湯気ブースの前でポーズをいろいろとっていらしたそうです。

そんな、不在時の不審な情報の数々に胸が騒ぎました…

そもそもほんまにゆるキャラなんかいな、と。



あとで、貴重な写真をいただきました。
























こちらです。




イヌナッキー様。


(名前イヌナキンだったかな?うろ覚えですみません)



ゆるくない…



多分、「犬鳴山」から由来しているのだと思われます。

★大阪府民でも滅多に知りません、犬鳴山!(←私じゃないです。森元さんが言いました)



遠く犬鳴山からお越しいただき、応援してくださって、イヌナッキー様(イヌナキン様かな?)、本当にありがとうございました!!





 * * *



そんなわけで、今週末はこちらにお邪魔しています。



長くなりましたのでつづきます。

2016年10月27日木曜日

本が出来ました…!

「森元暢之作品集(2)『ぴあ』の時代Ⅱ」

無事に、刷り上がって来ました。




見守ってくださった皆様、ありがとうございました。

書店に並ぶのは11月8.9日頃になります。
すでにご予約いただいています…!ありがたきしやわせ。


このたびより、1、2巻ともに取引代行のトランスビューさんにお世話になります。
全国の書店でお買い求めいただけます。
近日中に注文票アップしますので、しばらくお待ち下さい。

本当に、たくさんの人に手に取っていただきたいです。

よろしくお願いします。



なお、10/29.30に高円寺で催される、「本とアートの産直市」にて先行販売をいたします。おまけつきです。

両日とも、作者もおります。

お立ち寄り下さいませ。








1巻も持って行きます!




2016年10月20日木曜日

かましまへん

森元暢之作品集2巻、やっと昨日入稿しました。
直前にいっぱい変更があり、遅れに遅れましたがなんとか…

もう予約をいただいているのに本ができていないとはあまり大きな声で言えませんがまだできていません。^^;
どきどき。

でも、今日、カバーが来ました。
カバーは先に入稿をしていたのです。
カバーを「カヴァー」と書く、某A新聞社のデザインをされていた神戸鶴亀本舗の石井さんのデザインです!
すてきです…!

石井さんには、いっぱい助けていただき、励ましてもいただきました。

私が土壇場になって、「石井さん、予算の都合で表紙の紙はこれとこれしか選べません!石井さんが、『表紙の紙は何でもいいけど白にしてね。でもオフホワイトじゃなくて真っ白ね』って言ってたのに、「アイボリー」なんですうう真っ白じゃなくてすみません!!!とパニックになり謝ると、「かましまへん。かましまへん。」とメールをくださいました。湯気カンパニーの一存でやってもろーてかましまへんと。

そして今は入稿しても不安でたまらん私に「校正に、完璧なんぞありません。ゆーたらなんですけども、新聞社でさへ プロが校閲して、尚かつやっぱり間違いはでてくるのですな。これはもー仕方のないことです」と、事前に慰めて下さっています。


どうか校閲の神様お願いします。

(大きな)ミスがありませんように!


ジャスラックに何か言われたら困るのでオリジナルソングに直してもらったところです。


森元さんのオリジナルソングのレベルが小学生ということはさておき…








2016年10月5日水曜日

平城宮跡のイベントが終わりました…!

平城宮跡ブックフェスタ、無事、何とか終わりました。
あの場で出会った皆様、本当にありがとうございました。

一日目は曇天、二日目は天気こそよかったのですがすごい湿気と日差しで、10月というのに日焼けをしてしまいました…

そんな中、「奈良のサハラ砂漠」平城宮跡(えーと、これは運営の人が言ってました)まで、わざわざお越しいただき、本当に感謝です…!


こちらは一日目のブースの模様。
看板、いちぢくハンコの布、手作り感ばっちりでございます


2日目は赤いテントで、場所も変わり、レイアウトも変えてみました。
ミニ原画展に足を止めていただけるよう工夫したつもりです。

しかし、もっと、ババーンと、我がブースの写真、内部まですみずみ撮ればよかったですね…
余裕がなかったと思われます。

そもそもこういう野外のイベントは初めてで、周りにも気がちらちらと散ってしまいまして、うろうろしてしまいまして…

維新派の屋台村で出してらっしゃるお姉さんがフードテントにいらっしゃったり、かつてのアルバイト先の書店の店長さんに11年ぶりにお会いしたり、驚きの連続でした〜


「ホホホ座」さんも出店!




「ホホホ座」山下さん、
「とほん」砂川さんのトークイベント中。


おじさんも自転車を止めて聴き入ってらっしゃいました。


私はブースの中から。
(しかしこの後質問タイムがあり、何もかも置いて
駆け出して質問に行く私でありました)




そして何気に「『ぴあ』の時代Ⅰ」と並べて販売していました、こちらの本。


マツさんのできたてほやほや短編集。
「悲しくはない」
挿画 森元暢之

今後、オンラインショップでも販売します。
販売開始しています!(2016/10/20)


ひなびさんのお菓子も、アケモドロさんの手ぬぐいやブックカバーも好評でした!

チュー星人Tシャツも、引き続き…場所を変えて販売しますので…!!



よろしくお願いします。





オマケです)

平城宮跡のパトロール隊員さん。




湯気カンパニーのパトロール隊員と似ていました。

六郎です。六郎の方がとても大きいですね…



こちらはまいちゃんです。



2016年10月2日日曜日

チュー星人Tシャツができました!!! そして平城宮跡にて

 実は7月くらいにふちがみとふなとの渕上純子さんに声をかけていただき、ご一緒に作戦を練っておりました「だってチューだもん」Tシャツ作り計画。

第一弾がついに…!!

いろんな色と生地と大きさで、刷っていただきました。

イラスト 森元暢之
デザインとシルクスクリーンは、石丸澄子さんです。
岡崎武志さんの本の装画や、ふちがみとふなとさんのDVDやCD、チラシのイラスト等を手がけられ、暖かみのあるデザインでおなじみの方です。
…感激。



どうです?




…かわいいんですけど…!!

バックプリント チュー!



どっさり、チュー!!


今開催中の奈良のイベント(平城京ブックフェスタ)に間に合いましたので、どっさりと持って行きました!

じーーーーーっと見て、「チュー…これは鼠なの?」と聞いてくださるご婦人がいたり。
「この色が好きだけど、サイズがもうちょっと小さかったらなあ」と感想をくださった方、買って下さった方、ありがとうございます!

引き続き、本日も持参しますので、手に取って見てくださいませ。そして、「こんなんだったらいいな」というのを教えてください。どんどんと、絞り込んでいきますので…!
(ふちがみとふなとさんのライブでも今後売っていただける予定です)


***

それにしても、雨にならなくてよかったです。(一瞬、さーっと霧雨は降りましたが、すぐにあがり、問題ありませんでした)

出店されているお店、私も十分には回れていないのですが、新刊、古書ともに、充実した棚揃えです。三巴会の紙芝居もあります。
クラフトフェアも同時開催!
本日10/2(日)は14時より「ホホホ座」の山下さんと、「とほん」の砂川さんのトークショーもあります。



引き続き、たくさんのご来場、お待ちしています。

*湯気ブースは、一番奥の方、トークショーなどの会場の近くとなっております。




平城京でバレーボールして過ごす現地の女子高校生


空が広いです。


また、運動会なども多い時期だと思いますが、皆様、キンモクセイが香り始めたこの季節を存分にお楽しみ下さい。







2016年9月24日土曜日

なら やすみの とも

10/1.10/2と、奈良のイベント十五夜の宴)で販売するもの、展示するものを紹介します。
我々のブースは「湯気カンパニー なら・やすみの・とも」というテーマで展開します。
奈良の休日を、本とともに楽しくすごせますように!という願いをこめております。

まず、
「アケモドロ」さんの手染めの商品。





ブックカバーや本の手ぬぐい、などを販売。

私は彼女の、20代のときの紅型の作品もいくつか持っていますが
使い込むほどいい味わいになっています。
新しい作品はまだ私も見ていないのですが、楽しみです!

**

そして、ひなびさんの、玉子や乳製品を使っていない、お菓子も少し。



いつか描かせていただいた、オートミールクッキーの袋の絵。


ざっくり、重量感がある甘さ控えめの焼き菓子です。
作り手の愛子さんの優しさがにじみ出ていて、毎日でも食べたい飽きのこない味です。
読書のおともにどうぞ〜!


**

それから、湯気カンパニーで作ったものやこれから作るものを紹介します。

森元暢之のプチ原画展と称して、絵も少し飾らせていただいたり。


んっ

肝心の、本はどないなっとるんや〜!?という声が聞こえてきました…

安心してください!


本は11月はじめに発売できる運びとなりました!
今、水面下(?)でいろいろバタバタしています。




あいにく…

イベントにはお持ちできませんが…!!!

見本を持って行けたらいいなあと思っています。

そして1巻やあんなものやこんなものを…!

原画展では2巻に収録されている漫画をご紹介しますので、お楽しみに〜!!

(^▽^)


**

それから、こちらも売らせていただきますよ〜


森元暢之:ジャケット絵
ふちがみとふなとさんのCDアルバム「だってチューだもん」



ありがたきしやわせ。


 

どうか晴れますように♪



(本、この時点でまだ校正が終わっていませんが!がんばります!)←小さい声。 



2016年9月9日金曜日

奈良県大芸術際

更新が滞っていてすみません。
10月1日、2日に奈良でまたブックフェスタがあります。

今度は、3m×3mのブースを湯気カンパニーでお借りして、展示します。
ぜひお越し下さい。

十五夜の宴


本は、今校正中です。
間に合うといいなあ。
間に合わなくとも、奈良のイベント限定のなにかを…  考えてます!


2016年7月28日木曜日

奈良ブックフェスタ 追記

こちらに、我々が展示する本のこと書きました。

へんな部屋着ドットコム
http://hennaheyagi.blogspot.jp/


奈良のブックフェスタは7/30 31です。もうすぐです。



メイン会場は「ぼたん」さん、
森元紙芝居会場は「青丹座」さんになりますが、ぼたんさんに一度おいでください。


「ぼたん」への道順です。

近鉄奈良駅3番出口を出てひがしむき商店街に入り、直進

商店街を抜け、観光客で賑わうお餅の「中谷堂」さんがあります。
中谷堂」さんと「サークルK」さんの間を入り、また直進。

2分ほど(130m)歩くと
左側に宝石・時計屋「ISHIGAMI」さん、

右側に和菓子「優月」さんのある十字路にさしかかります。

こちらを左に曲がり、ひとつ目のT字路を右に曲がってください。


到着。
(「かふぇ たまき」さんの白い看板の手前です。)赤いのれんが目印です!







★以下、ならまちブックフェスタのフェイスブックページから転記させていただきました。

------------------------
【メイン会場:町家スペースぼたん】=入場無料=
・プロの秘蔵書を公開(プロフェッショナルに影響を与えた書物たち)
・『妖-あやし-』をテーマにセレクトブック(持ち込み歓迎)
・いろんなスタイルで読書を体験(縁側、露天風呂、ハンモックなど)
煎り立て珈琲や大和茶をお供に、のんびり本を読みましょう!

【イベント会場:ならまちシアター青丹座】
7月30日(土) 第一部 13:30〜15:00 / 第二部 19:00〜20:30
成人紙芝居『おわりよければ青丹よし』
紙-1グランプリコンビで漫画家の森元暢之さんとギター演奏のたらすなさんが、深い味わいのある独特の世界へと誘います。ちょっと危ない大人の世界が紙芝居で拡がっていきます。

7月30日(土) 16:00〜17:30
香りと朗読の会『芥川龍之介と夏目漱石を味わう』
物語にあった香りに浸りながら、俳人でもある倉橋みどりさんの朗読を楽しみます。さらに奈良の風景を迫力ある空撮映像でご覧いただけます。

7月31日(日) 15:00〜16:30
日本アニメ100年史-プロローグ-
映像クリエイターの英国人アンドリュー・トーマスさんが、動画資料を交えて日本アニメの歴史を講演します。グローバルな視点から日本の文化が発見できます。

各回1000円で、先着20名様となっております。
お席には限りがございますので、お早めにお申し込みください。
申込受付は、以下のリンクページからお願いいたします。
 ↓
http://book.naragayoi.com/event.html

ぜひ、本に出逢い、本を愉しみ、本と過ごせる、心地よい場へお越しください。
さらに30日と31日のならまちは、他所でも本にまつわるイベントが開催されています。
お近くなので、それぞれの催しも併せてお楽しみください!

■rooftopならまち染工房さん 本イベント
最高のロケーションでの古本展示販売と読書会
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1042096619179071&id=489098137812258

■絵本ギャラリーin奈良(ならまちセンターにて)
色々なワークショップや、影絵上映もあるようです。
http://ehonkan.co.jp/news/info/event/002657.html

30日(土)は 奈良・下御門商店街の流しそうめんがあるので、そちらもチェックです

2016年7月21日木曜日

オマケ

夏バテ気味です。 本の編集作業ですが、なんとかゆっくりですが進めてます。 昨日は「ぴらにやカフェ」さんで、師匠と崇める神戸鶴亀本舗の石井さんと打ち合わせをし、励ましをいただきました。いよいよ正式に表紙デザインをお願いすることに…!!! 石井さんは、マスメディアの仕事をしていた(のに)ミニコミ大好きな素敵なおぢさんです。 そんな石井さんに会う度言われるのは、本には【オマケ】をつけるように。ということです。 -------------------------------- 石井さんの、【オマケ】への思い ↓ ★こんな、 しょーもないもん、 どないすんねや!       っちゅーもんがええんです。 ★こんなもんもろても、 しょーーもないで!       っちゅーもんがええんです。 --------------------------------

ついつい実用的なものをと考えてしまうビンボー性な私ですが、師匠に、しょーもないもんでええ むしろしょーもないもんを絶対つけろと言われると、背筋が伸びる思いでございます(?)




©nobuyuki morimoto



2016年7月18日月曜日

7月の紙芝居 2 『おわりよければ青丹よし』


だってチューだもん

★お昼の部にまだ余裕があります。
ふちがみとふなとさんのアルバムジャケットにもなった
「チュー星人」のお話もあります〜 ぜひ、会いに来て下さい。


7月30日(土)
成人紙芝居実演
朗読:森元暢之
音楽:たらすな

『おわりよければ青丹よし』

一部 13:30〜15:00 (少年時代)5作品
二部 19:00〜20:30 (青年時代)5作品

入場料 1000円
先着20名

申し込みは、こちらのフォームからお願いします!!



「原罪と楽園の追放」

★こちらは夜の部かな




*ふちがみとふなとさん、今日、ライブです!
ムジカジャポニカ!







2016年7月13日水曜日

7月の紙芝居 1 「森元暢之 紙芝居一座 松本公演」

カンボジア料理のおいしいアットホームなお店で紙芝居があります!



*この写真は、京都です



「森元暢之 紙芝居一座 松本公演」
7/23(土)
開演 18時30分
お代 1500円

出演
 森元暢之(紙芝居)、たらすな(音楽)
料金
 ・中学生以上 1500円(1ドリンク付き)
 ・小学生以下 無料(1オーダーお願いします)
オープニングアクト
 猫町



こーさんのうち
〒390-0851 長野県 松本市島内4499-1



フェイスブックにもイベントページがあります!

★https://www.facebook.com/events/284843521851873/

私も参ります!

長野は初めてです。
森林のイメージ… 楽しみです。


*この写真は、大阪です。四天王寺の五重塔の改修がやっと終わった…!





月光百貨店 7月のオープン日

月光百貨店は月に12日間だけOPENする小さなお店

アンティーク小物、オリジナルアート作品、雑貨類からリトルプレスまで・・・
少年の憧憬がつまった素敵なお店です。

森元暢之作品も展示させていただいています。




〒659-0067兵庫県芦屋市茶屋之町12-2






-----------------------
7月のオープン日



7/9(土)・10(日)

16(土)・17(日)・18(月・祝)

25(月)・26(火)・27(水)・28(木)・29(金)・30(土)・31(日)



-----------------------

【取り扱い作家】



星野時環 文筆家/造形作家

山本佳世 collage

小林健二 人工結晶(銀河通信社)

黒田武志 デザイナー/造形作家

山下陽子 collage/銅版画

MAGIERA candle作家

村松桂 写真

辻隼人 音楽家

雛人形 アクセサリ

森元暢之 comic/Illustlation










 「NOBARA」も置かせていただいています。



2016年5月30日月曜日

月光百貨店さん オープン!

6月5日にオープンする「月光百貨店」さんにて、森元暢之本他、グッズ等の湯気カンパニー商品を扱っていただけることになりました。


 〒659-0067 兵庫県芦屋市茶屋之町12-2
 主催の無重力叢書さんのサイトはこちら



お星様やお月様や青い電燈の影にたたずむ少年のいるような風景を作品にしている星野時環さん。
月光百貨店は星野さんの作品を置く実店舗で、月に12日間だけOPENする小さなお店だそうです。

-----------------------
6月のオープン日


6/5(日)

11(土)・12(日)

17(金)・18(土)・19(日)

25(土)・26(日)・27(月)・28(火)・29(水)・30(木)



-----------------------

オンラインショップでは取り扱っていないものも置かせていただきます!
「ついてきた猫さん」手ぬぐいも、あの本も。
ぜひ足をお運びくださいませ。
日)
11(土)・12(日)
17(金)・18(土)・19(日)
25(土)・26(日)・27(月)・28(火)・29(水)・30(木)